【八尾市の種類別空き家数及び割合】

2018.11.21
  • 活動記録
  • 空き家

平成25年の空き家数を種類別にみると「賃貸用の住宅」が11,240戸(58.8%)「その他の住宅」が6,750戸(35.3%)合計で全体の94.1%を占めており、利用・流通に供されない空き家である「その他の住宅」が相当数存在することがわかります。

「その他の住宅」は平成20年の調査結果と比べてみると1,360戸増加しており、4.3%上昇しています。

賃貸用の割合が高いけど実際はオーナーさんが古い付き合いの不動産屋に任せてはいるけど、不動産屋が募集をしていないケースもかなり多いと思うな。

実際、老舗の不動産屋と話をすると長屋や平屋には高齢者の方しか住まないから募集をしていない。みたいなことを平気で言ったりしている。

すぐに大きく動かすことはできないけど、少しずつ変えていきたいな。

(用語の説明)

【二次的住宅】
・(別荘)週末や休暇時に避暑・避寒・保養などの目的で使用される住宅で、普段は住んでいない住宅
・(その他)ふだん住んでいる住宅とは別に残業で遅くなったときに寝泊まりするなど、たまに寝泊まりしている人がいる住宅

【賃貸用の住宅】
新築・中古を問わず、賃貸のために空き家になっている住宅

【売却用の住宅】
新築・中古を問わず、売却のために空き家になっている住宅

【その他の住宅】
上記以外の人が住んでいない住宅で、例えば、転勤、入院などのため居住世帯が長期にわたって不在の住宅や建て替えなどのために取り壊すことになっている住宅など

◇その物件ほんまに空いてますか?◇
http://room-lab.com/public?page=line02

◇LINEでお問い合わせ◇
http://room-lab.com/public?page=line

八尾市の仲介手数料無料 賃貸情報・賃貸管理はルームラボへ。
八尾市の空き家活用・管理はSORASIA(ソラシア)へ。
ルームラボ
株式会社SORASIA
八尾市萱振町3丁目118番4号102
TEL:072-928-5570