【賃貸では石油〇〇を禁止している物件が多い】

2019.03.15
  • 不動産コラム
  • 活動記録

3月も半ばですが、まだまだ夜は寒いですね。
寒い日に欠かせないのが暖房器具。
こたつ、エアコンと様々な暖房器具がありますが、皆様はどのようなものをお使いでしょうか。

賃貸では石油◯◯は禁止のところが多い

本題ですが賃貸物件では石油ストーブ、石油ファンヒーターの使用を禁止している物件が多いです。実家で使っていたり、暖かく冬の風物詩ともいえる魅力的な機器なのですがどうして賃貸で禁じられているのでしょうか。

リスクが大きい

1.火事の危険性

燃料として石油を使用しており、部屋のどこかに保存しておかなければいけない。
石油=引火物。
集合住宅において火事のリスクが高まります。大家さんからするとそのようなリスクは負いたくありません。

2.高気密、高断熱の家では一酸化炭素中毒の危険性

石油を利用した暖房器具は燃料を燃焼させることにより暖をとる構造になっています。
モノが燃えた時に発生するのが二酸化炭素。
酸素が不十分な状態で発生するのが一酸化炭素。

昔の木造の隙間だらけで常時換気がなされているような建物ならまだしも、最近の家は高気密・高断熱。燃焼した物質は部屋の中にたまりやすく一酸化炭素中毒になるリスクが高まります。

契約違反をすると最悪の場合保険もおりない

契約書に上記の写真のように禁止事項として書かれているにも関わらず、隠れて使い、万が一の事態が発生した時には契約違反という理由で保険適用外となる可能性が高いです。

貸すほうとしても借りるほうとしてもリスクが大きいです。
石油ストーブの上で焼く餅や、ピーという音と共にヤカンから出る蒸気は風情がありますが、それは将来のマイホーム(戸建)でのお楽しみといったところでしょうか。

なにごともそうですがルールを守り楽しく賃貸ライフをお楽しみください(´-`).。oO

◇その物件ほんまに空いてますか?◇
http://room-lab.com/public?page=line02

◇LINEでお問い合わせ◇
http://room-lab.com/public?page=line

八尾市の仲介手数料無料 賃貸情報・賃貸管理はルームラボへ。
八尾市の空き家活用・管理はSORASIA(ソラシア)へ。
ルームラボ
株式会社SORASIA
八尾市萱振町3丁目118番4号102
TEL:072-928-5570